必見のバッテリー情報ステーション

"専用のソケットやアクセサリーというものには、めっき処理がされています。
なので外形も通常のものよりも比較的厚くなっており、そして柔らかく作られています。
更に大トルクに耐えられるよう設計されていることが多くあります。

 

また高速回転するインパクトレンチを使ってソケットが外れて思わぬ怪我をすることを防止するための構造としまして、ピンとリングで差込角とソケット部分を串刺し状に抜け止めするように作られています。

 

このインパクトレンチには一般的におきましては軸先端にはソケットなどを接続するための役立つ差込角が設けられていることとなります。
通常のソケットレンチと同じで、ソケットやアクセサリーを接続して使用するタイプとなっています。

 

このようなインパクトレンチ用のソケットというのは専用のものを使用しなければいけないという注意事項があります。
通常のソケットやアクセサリーではインパクトレンチの大トルクに耐える性能を持っていないので、破損やめっき剥がれなどの不具合が出てきてしまうことが考えられるからです。"



インパクトレンチ用のソケットはそれ専用のものを使ってくださいブログ:19-6-19

ダイエットにチャレンジしている人の中には、
定期的にジョギングをしているという方も少なくないでしょう。

ジョギングというと、
一見、脚の運動になっていると思われがちですが…
ジョギングというのは、腕の筋肉や背筋、腹筋といった
肉体全体の筋肉の運動につながっています。

だからこそ、高いダイエット効果が期待できるのです。

しかしジョギングによって
肉体全体を効率よく動かすためには、
正しいフォームで走るということを、心がけなくてはなりません。

フォームが間違っていると、
せっかくのジョギングの効果も半減してしまう場合があります。

まずは、腕の振りについてです。

ジョギングをしている人の中には、
腕を大きく振り過ぎたり、
肩をいからせて走っている人を見かけますが、
いずれのフォームにしても、
腕の付け根にある肩甲骨を
効率よく動かすことができなくなってしまいます。

ジョギングは、上半身と下半身が連動することによって、
効率よく走ることができます。

ところが悪いフォームで走っていると、
肉体の連動がうまくいかずに、走りの効率を悪くしてしまうのです。

また、
脚の運び方をチェックしてみると、
ヒザの部分が脚を踏み出すときに、
やや回転をして出している人がいます。

この走り方をしていると、
ヒザに負担がかかり、怪我をしてしまう恐れがあります。

脚を前に出すときには、
まっすぐ出すということを意識して、
走るように心がけましょう。

正しいフォームを身につけてから、
長距離を走るようにしないと、
ダイエット効果が期待できませんよ!


ホーム RSS購読 サイトマップ