必見のバッテリー情報ステーション

"もし車のエンジンオイルが劣化してきてしまうと、エンジンに関する様々な機能を正常に動かすことが出来なくなってしまうことがあります。

 

そして金属同士が直接こすれ摩耗が生じてしまうこととなり、その結果燃焼圧力が漏れることで出力が低下してしまうなど様々な弊害が発生してきてしまうことでしょう。
このことからエンジンオイルが劣化してきたと思ったらすぐに新しいオイルへの交換をするようにしてください。

 

ここで車のエンジンオイルの役割というのを簡単に説明させていただきます。
エンジンオイルによってエンジン内部の金属同士が擦れ合う部分の摩耗を防止してくれ、各部がスムーズに作動する潤滑機能を筆頭にして、エンジン内で発生した汚れを取り込む清浄作用が挙げられます。

 

また燃焼室の爆発圧力を逃がさないための気密保持性の重要性、更には爆発によって発生する熱を取り込み大気中に放出する冷却作用としてエンジンオイルは必要となってきます。
つまり車を動かすためには最も重要視しなければいけないものなのです。"



車のオイル交換とエンジンオイルの重要性ブログ:19-6-14

朝!って感じの朝ですー

「給食はおいしくなかった」
と、年齢以上の方(オレを含めて)は言いますが、
今の息子たちは、みなおいしいと言います。

味も質も向上した給食でありながら、
残菜の量が昔とは比較できないほど多いのは
なぜなのでしょう?

息子たちが少食になったわけでもないのに、
献立によっては、食後とは思えないほど、
ほぼそっくり残ってしまうそうですよ。

アレルギー体質の息子たちが増えているので、
多少の残菜は仕方ないとも言えますが、
食べ残しのほとんどの理由は偏食なんですって!

「野菜が嫌い、魚が嫌い。お肉は太るから食べない」
という息子たちは、
いったい何を食べているのか不思議に思います。

一方で、
偏食もなく何でも残さずに食べる息子たちもいます。
この差は、何だと思いますか?

ミルクを飲んでいた赤ちゃんが離乳し、
普通食に慣れさせながら育てていくというのは、
どの息子も同じですが…

離乳期に
「ただ食べさせているだけ」なのか、
「味わう事も考えているのか」で、
その後の嗜好に大きな差ができてしまうみたいです。

この過程で、
同じような味ばかりの食べる事を食べさせると
徐々に他の味の食べる事を受け付けなくなってしまうんですよね。

実際、
離乳期からほとんど味付けされていないものを与え続けたために、
小学生になってもしっかり味が付いたものが食べられないという
息子を見たことがあります。

普通息子が大好きなカレーも食べられないんですよ!
育児書に薄味で…と書いてあったことを
ママが神経質に守ったことが原因だったようです。

今日は、ここまで。

ホーム RSS購読 サイトマップ