洗車をする時におぼえておきたいこと

洗車をする時におぼえておきたいこと


洗車をする時におぼえておきたいこと
"多くのホームセンターやショップなどで市販されているキズ取り製品も数え切れないほど販売されています。
クリーナーやコンパンドは研磨系であり、WAXや樹脂タイプは埋める系が出ています。

WAXや樹脂タイプというのは、細かい傷や艶の無いボディーに適応していますが、それはあくまでも一時的な物となっているので定期的に再加工が必要となることでしょう。
この時に施工むらが出来やすいので扱いの慣れが必要と言えます。

またコンパンドというのは、研磨するので同じ傷が再発することがありませんので、トップコート内の傷などには結構深い傷でもリペアすることが可能となります。
もちろん削りすぎてしまうと、トップコートを突き破り下地が出来てしまうことがあるので要注意です。"



洗車をする時におぼえておきたいことブログ:19-2-15

体重、体脂肪率、BMI、ウエストサイズ…
とかくシェイプアップには数字が付きまとうもの。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。
比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、
優劣の基準になりがち…

例えば…
シェイプアップ中の友達と比べて、
「俺なんてシェイプアップ始めて一ヶ月たつけど、
9`落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり、
「体脂肪率をそんなに落とすなんて、俺には絶対無理…」と
シェイプアップをあきらめたりしたことありませんか?

でもね…
体重や体脂肪率、シェイプアップの期間を、
人と比べるのはあまり意味が無いと思うんですよね。

実際、
体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、
同じ10kg減でも、シェイプアップの難易度はまったく違いますよね。

また、同じマイナス10kgでも
筋肉量をキープ、もしくは増やしながらシェイプアップした人は、
体重を落とすのに時間はかかるものの、
基礎代謝量が高く、太りにくくてやせやすい体になっているので、
リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、
見た目も健康的で引き締まって見えるわけです。

シェイプアップの目標値やそれに必要な期間は、
その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わるもの。

シェイプアップに関する数値を他人と比べることで、
「俺もがんばろう!」とやる気になるのであればいいのですが、
無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、
シェイプアップそのものをあきらめてしまったりすることは、
とてももったいないことなんじゃないでしょうか?

洗車をする時におぼえておきたいこと

洗車をする時におぼえておきたいこと

★メニュー

圧着端子と圧着工具の特徴と性質
ニッパーを販売しているおすすめメーカー
持ち運びが容易な工具入れとは
インパクトレンチ用のソケットはそれ専用のものを使ってください
カーバッテリーの交換時期というものを知っておきましょう
洗車をする時におぼえておきたいこと
キャリーカートの保存は大切に
チップソーで加工出来る素材と加工出来ない素材
業務用クリーナーを見極めてスタイルに合わせて購入
車のオイル交換とエンジンオイルの重要性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)理想的な洗車機大集合