必見のバッテリー情報ステーション

"多くのホームセンターやショップなどで市販されているキズ取り製品も数え切れないほど販売されています。
クリーナーやコンパンドは研磨系であり、WAXや樹脂タイプは埋める系が出ています。

 

WAXや樹脂タイプというのは、細かい傷や艶の無いボディーに適応していますが、それはあくまでも一時的な物となっているので定期的に再加工が必要となることでしょう。
この時に施工むらが出来やすいので扱いの慣れが必要と言えます。

 

またコンパンドというのは、研磨するので同じ傷が再発することがありませんので、トップコート内の傷などには結構深い傷でもリペアすることが可能となります。
もちろん削りすぎてしまうと、トップコートを突き破り下地が出来てしまうことがあるので要注意です。"

神戸 賃貸の紹介
http://www.houseplanning.net/
神戸 賃貸



洗車をする時におぼえておきたいことブログ:19-4-21

減量に成功したら、
やっぱり体のラインはスッキリ見せたいですよね。
そういう意味では、体重や体脂肪率よりも
サイズが重要だと思うんですよね!

だたら、わしは減量中、
体のサイズを測るべきだと思うんです!

測るところは…
「バスト」「ウエスト」「ヒップ」
「大腿部」「ふくらはぎ」の5ヶ所。

できれば、減量中は
1週間に1回のペースで測るようにしましょう。
そして、きちんと記録を取っておきましょう。

減量中にサイズを測る意味として重要なのは、
体重が減る時期とサイズが減る時期は同時ではなく、
交互に来るということなんです。

つまり、体重が減らない!とイライラする、
いわゆる「停滞期」は、
実は、サイズがキュッと締まってくるタイミングと同じ。

体重がたとえ減っていなくても、
サイズが減っていれば、
減量はうまくいっているという証拠なのです。

なので、自分が「やせた!」と思う時期と、
人から「やせたね!」と言われる時期は、
タイミングがズレるんですね。

自分が減量に成功したと思うのは、体重が減ったときですが、
このときはサイズはまだあまり変わらないので、
見た目には減量がうまくいったように見えません。

逆に、体重が減らなくてちょっと落ち込む時期には、
サイズが減るので、見た目にスッキリとした印象を周りに与えるのです。

でも、最終的に体重がどんなに落ちても、
見た目にあまり変化がないような減量だったら、
あまり意味がないですよね。
素敵な洋服だって、キレイに着こなせません。

たとえ体重はまったく変わってなくても、
ウエスト周りが2cm減ったら、見た目の印象はかなり変わりますよね!

みなさま!減量を成功させて
ナイスバディを手に入れましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ